レビトラはED(勃起不全)の治療薬として誕生したもので、バイアグラの次に登場した医薬です。

レビトラと聞いたときに何のことかすぐにお分かりになった方は少ないと思いますが、バイアグラと比較して何がどう違うのかということも気になります。

まずはレビトラについて理解を深めましょう。

参照サイト:http://www.tattoo-expo-mainz.com/

そもそもレビトラという薬は、ドイツのバイエル薬品という会社が製造販売する医薬ということで、一部には「レビトラはバイアグラより効き目があって長持ちする」といった評価も獲得しているようです。

ところでいま日本にはかなりの数でED症状に苦しんでいる患者さんがいるようで、成人男性の3人に1人は何らかのED症状を抱えているといわれています。

レビトラがバイアグラに継ぐ第2のED薬として期待されるのも、こうした人たちのニーズからすれば当然のことかも知れません。

不謹慎な言い方でしょうが、医薬は開発・販売までに気が遠くなるような期間と巨費が必要になるといいます。

それだけに患者数の多い医薬から研究開発がすすみ、難病といわれる数の少ない患者さんたちの新薬はいつも後回しになってしまう傾向にあります。

それにくらべればレビトラは、日本だけで成人男子の3分の1の数をマーケットとして確保しているわけですから、開発にも力が入ったのでしょう。

レビトラがどういった経緯で市場に登場してきたかはわかりませんが、レビトラはバイアグラの数年後に早々とデビューしています。

今後はレビトラ派の医療機関とバイアグラ派の医療機関に二分するような熾烈な競争がはじまるのでしょうか。

MR(医薬品メーカーの医薬情報担当者)の人たちの活躍がレビトラ売上の重要なポイントになると思いますが、ともあれレビトラの新規参入によって、EDに悩む多くの男子が1人でも多く救われていくことを願うばかりです。